更年期障害と女性ホルモンの関係

更年期と女性ホルモンの関係

45歳から55歳の年齢は更年期にあたります。この時期になると、体に対してさまざまな症状が出やすいため、体調を整えていくことが重要になります。

更年期障害に関しては女性ホルモンが密接に関係しているため、閉経が近づくにつれて、女性ホルモンのうちエストロゲンの量が減少していくことになり、その影響を受け、症状が体に出てくる場合があります。

エストロゲンは、思春期の時期において分泌が増える傾向があり、成長期であるため女性らしい体つきへと変化し月経なども始まることになります。

その後は安定した状態で規則的に月経があり、40代になるころから、女性ホルモンの分泌量が減少していくことで、最終的には閉経を迎えます。

女性ホルモンが減少することでどんな症状が出てくる?

更年期において症状としてはさまざまな症状が体にあらわれることになります。自律神経失調による症状や月経の異常、その他にも精神面に関しても集中力の低下やそのほかにも不眠やめまいなどの症状がでることもあります。

症状が軽い場合には、生活習慣などの改善をしていくことで、ある程度症状が悪化しないようにすることが出来る場合もありますが、状態によっては医療機関で診察を受けるということも大切です。

また、注意が必要な点としては、更年期ではない比較的若い世代であっても、更年期障害に悩まされることがあります。原因としては、生活習慣の乱れやストレスによりホルモンバランスが乱れることで症状がでることがあります。

不規則な生活をしていることで、自律神経、ホルモンバランスの乱れにつながり、結果として体の不調の原因になることがあります。

まだ若いから特に健康なども気にしなくてもいいと、生活習慣が乱れた状態で過ごしていると、体にとってはかなりの負担となります。

ストレスを上手に解消して更年期の症状を緩和しましょう

また、ストレスによっても自律神経やホルモンバランスに影響を与えることになり、これも原因の一つになることがあります。

ストレスに関しては、誰もが生活をしていればストレスを感じるものです。しかし、適度にストレスを解消していくこともできます。

気分転換のために、休日に出かけたり、スポーツを楽しむなど自分なりにストレスを解消していく方法を考えていくことも大切です。

また、ゆっくりと休息を取ることもストレスの緩和につながるため、自宅でくつろぐというのも、ストレス対策になるでしょう。

ホルモンバランスが乱れてしまうと、体にとってはさまざまな影響、そして体に症状がでてしまうこともあります。

できるだけ、ホルモンバランスが乱れないように、日頃から健康を意識した生活をすることを心がけていきましょう。